不動産投資で儲かるその仕組みとは

不動産投資の儲けが出る基本の仕組みとは

不動産の投資に関するいろいろな方法

今の経済状況から考えると不動産投資で手堅く稼ぐ方法はやはりキャピタルゲインよりインカムゲインなのかなと感じますが、物件の選び方次第で状況はいくらでも変えることはできます。
たとえばインカムゲインの場合、購入する物件は新築ではなく中古に限ります。
これは資産価値としては下がってしまいますが、逆に程度の良い中古物件を購入しておけば家賃設定も幅が付けられますし、物件を維持する経費はかかりますが安定した入居者を得ることが可能になるので初期投資から考えるとかなりお得です。
そして重要なのは地方の物件ではなく都心の中古物件を購入するのが一番賢明です。
なぜなら地方は安い金利や価格で一見購入できるように感じますが、需要面のリスクが高すぎるのでお勧めできないです。
一方都心の中古物件は入居のニーズが高いので空室損を防ぐことができるので収益が上げやすく管理も楽です。

安定して利益を出し続ける方法とは

やはり不動産投資でもっとも賢い投資は地方に住んで都心の中古物件を購入してインカムゲインで稼ぎ、信頼の置ける管理会社に管理を任せてしまうのが一番安定して収益を上げる方法だと思います。
地方に住んでいるリスクは管理会社に管理を丸投げすることで解消できますし、都心の物件なら空室率も低く安定した家賃収入を得ることができます。
中古物件なら割と高めに賃料を設定しても十分ニーズがありますし、収益も高い収益が望めるので中古物件に購入を絞り込むのは必須といえます。
そして自分は本業に専念して不労所得を待つというのが副業としてサイドビジネスを始める場合一番能率的な方法だと思います。
リスクは最小限に、収益は大きく、不動産投資で安定した収益を得ましょう。


TOPへ戻る