不動産投資で儲かるその仕組みとは

不動産投資とはいったいどういったものなのか

人気の不動産投資の大まかな種類

では不動産投資にはいったいどのような種類があるのでしょうか。
大まかに分けると二種類に分かれており、一つ目はキャピタルゲインといい不動産を購入しそれを相場の上昇を見て売却しその差額で利益を得る方法です。
二つ目はインカムゲインといって不動産を購入しその物件を貸し出すことによって家賃収入を得て不労所得を得る方法です。
どちらかというとインカムゲインの方が安定した収益が得られるので安心して取り込めるサイドビジネスなのかなと感じますが、売却したときの収益が多いいいのはキャピタルゲインの強みですね。
どちらを選んで投資していくかはその方々の運営方法によるものですが、初心者の方や手堅く収益をお望みの場合ならインカムゲインでしっかり稼ぐ方が向いているかもしれません。

不動産投資の仕組みとデメリット

不動産投資が人気なのは良く分かりましたがデメリットといったものはないのでしょうか。
いくら人気とはいえ早々おいしい話ばかりとも思えません。
キャピタルゲインの場合は購入に際しての借金を抱えてしまうといった精神的不安が付きまとうことでしょう。
資金を用意するためには大事なことなのですが、それが精神的な苦痛になってしまう方も多いようなので、注意が必要ですね。
あと家族に理解をしてもらうことも必要ですね。
大きな投資なので家族に不安を与えないよう、またサラリーマンの場合は不動産投資を活動するのはやはり休日ということになるのでそこも理解が必要になると思います。
逆にインカムゲインの場合は物件を貸し出すことになるので、家賃収入が一番大事になってきますので、避けたいのは空室に対するリスクですね。
住んでもらえる人がいないのでは収入の取りようがありません。
さらに家賃を滞納されるリスクも考えないといけないですね。


TOPへ戻る